今日は、青谷日置地区公民館でのパソコン講座の4日目でした

 梅雨の中休み、晴れ間の見える空に、白い雲。日中は30度を超える暑い一日でした。2024年7月4日午後から、2週間おきに開催している青谷日置地区公民館でのパソコン講座の日でした。

 このリンクをクリックすると、テキストのGoogleドキュメントを見ることができます。

 今回エクセルの講座を受けたいと言っておられた方が、ご都合で日程が合わなくなったらしく、来られませんでした。エクセルの講座、あと2回予定していますが、前回(2023年)と若干内容や表現方法を変えてテキストを作成しています(前回とかぶる方がおられるので)。また、ネットに関しても興味があると言っておられた方が来られていません。それでも今日は4名の方が熱心にエクセルの初日を学ばれました。さーて、このあとどういった内容で進めようかと思案中です。

 こんな感じで毎回毎回、テキストを新しく作って、2時間の講座を務めています。ケース・バイ・ケース、臨機応変、変幻自在、ぼくは、こういうスタイルです。考えてみれば、これって、パソコンサポートもそうだし、イベントでの音楽演奏も同様でした。聞いてくださる年齢層、人数、場所、時間帯などを考慮して、曲目を決め、「お品書き」を作ります。言ってみれば、このテキストが「お品書き」なんですね。

 最近YouTubeはやっていませんが、今後の方向としては「ネットもリアル」というのが、テーマになりそうな気がします。組み立てて、完全なものを作り上げて、残るものを作るというより、オンデマンドで、その都度、あるものを提供する。提供する自分自身も含めて、一緒にレベルアップしていく、というパターンがいちばん楽だし、役に立つような気がします。

 印刷物・本とか、映像とか、残るものを作るというイメージがまったく消えたわけではありませんが、日々、できることに意識を向けるとなると、「リアルを伝え続ける」というスタイルが、スマホなどネットが身近にある現代に合うような気がするし、流行にとらわれない生き方につながるような気がします。

 楽しんで生きていきたい。その感覚を常に伝え続けたい。